Muscle Guide
 


トレーニング方法

筋肉トレーニングに成功しない人には共通点がある

筋肉トレーニングを成功させようとするなら、一にも二にも焦らないことが肝心です。
それを念頭に置く人が多数派であるにもかかわらず筋肉トレーニングに成功しない人には、共通点があることが少なくありません。
極端に高負荷な筋肉トレーニングを行ってしまう人は、自身がなりたいと考えている最終到達地点に達することができない場合が多いです。
筋肉を鍛えるために負荷をかけることが正しい一方で、それには限度があります。
現状の自身にとって最適な負荷というものがあるので、それを把握する必要があります。
もしもオーバーワークを繰り返してしまうと、いつまで経っても筋細胞が壊れたままで回復することによる成長を臨むことが難しくなります。
行き当たりばったりの実践ではなく、一日のうちに行うべきことをあらかじめ決めておくことが効果的です。
そうすれば、過度に筋細胞を痛めることなく成長させられるようになり、結果としてたくましい肉体を手に入れられます。

筋肉をつけるためのトレーニング方法

筋肉をつけるためのトレーニングは、無酸素運動を行う必要があります。
ジョギングや水泳などの有酸素運動では、筋繊維を破壊するほどの負担をかけることは難しく、筋発達を引き起こすることは難しいのです。
筋繊維は破壊され、そして回復されることにより、壊される前よりも強くなります。
筋肉を効率よく発達させるためには、筋量を増やすためのトレーニングを行うことが重要です。
体に乳酸がたまればたまるほど、筋繊維を回復させるために必要な成長ホルモンが分泌されます。
そのため、乳酸を多く出す方法で鍛える必要があるのです。
乳酸を出すためには、八回から十二回までの間に限界となる重量で鍛えることが効果的です。
この回数で三セットを行うことにより、効率よく乳酸を出すことができます。
これより多くの回数ができる負担であると、筋持久力を鍛えることになり、これより少ないと筋力を鍛えることとなります。
なので筋肉を増やすためには、八回から十二回で限界となる重量で行うことが重要です。

2016/2/3 更新

 

 

Copyright (C) 2015 Muscle Guide. All Rights Reserved.