Muscle Guide
 


筋肉を育てる食生活

丈夫な筋肉を育てる食生活

筋肉は身体を健やかに保つのに必要であり、ダイエットの効果も期待できる大切なものです。
代謝を高めるためには下半身に落ちた血液を上に戻すためのポンプ代わりとして筋肉が必要ですし、骨をまっすぐに支えるにも重要な働きをします。
さらに体温を上昇させるので、冷えをなくして病気からも守ってくれます。
女性は特にそもそもの筋力が低いのでトレーニングを通して自発的につけていかなければなりませんが、トレーニングをするだけで筋肉がつくわけではなく、食生活にも注意が必要です。
筋肉はタンパク質がなければ成長しません。
ですから肉や魚は必須となります。
また、トレーニング前後30分以内にタンパク質を摂取するとさらに筋力向上につながりますから、意識して食事を摂ると良いでしょう。
その他、ビタミンや鉄分などの栄養素もタンパク質を吸収するのに必要ですから、全体的にバランスよく摂取するという事を考えながら日々の生活に取り入れるのが大切です。

筋肉をつけるには食生活が重要

筋肉をつけるためには、バランスのとれた食事を行うことが重要です。
体は食べた物から作られているために、体を作るために必要な栄養素を補給することができなければ、いくら体に刺激を与えたとしても、回復することができなくなります。
なので食生活を充実させることが重要になるのです。
筋肉は主にたんぱく質で構成されています。
そのため、食事においては、たんぱく質を積極的に摂取することが重要になります。
その次にビタミンとミネラルを補給することが大切になります。
たんぱく質を代謝するために、ビタミンとミネラルが必要となるからです。
これらが不足してしまうと、たんぱく質をいくら摂取したとしても、無駄となってしまうのです。
筋肉をつけるためには、たんぱく質を重視し、次にビタミンとミネラルを摂取する食生活が大切です。
たんぱく質は肉や魚などに多く含まれており、ビタミンとミネラルは卵や野菜に多く含まれています。
なのでこれらの食材を取り入れることが大切です。

pickup

最終更新日:2017/6/15

 

 

Copyright (C) 2015 Muscle Guide. All Rights Reserved.