Muscle Guide
 


筋肉が大切な理由

筋肉を付ける食べ物

筋肉はトレーニングによって増強しますが、日頃の食事から多くのタンパク質を摂取することでさらに効率がアップします。
まず鶏肉は良質なタンパク質の源です。焼いたり煮たり料理の方法も多種多様です。ビタミンBも豊富で胸肉のカロリーが低いですが、もも肉でもヘルシーです。
ただし皮は余計なカロリーを摂取してしまうので、取り除いて食べます。
次に豆類です。豆類は安価で購入できますが、栄養価が高く食物繊維や鉄、亜鉛、マグネシウムなどを豊富に含みます。筋肉の大敵である体脂肪の増加を抑制します。日本人は味噌や醤油など大豆を食べる機会が多いですが、意識して料理に取り入れると良いです。
また甘い物が食べたい場合は、ダークチョコレートを選びます。ダークチョコレートはカカオを60%以上含むので、糖質を抑えられます。空腹感を満たして、抗酸化作用のあるポリフェノールの働きで筋肉の衰えを防ぎます。
さらに就寝前にはカッテージチーズを食べます。チーズに含まれるタンパク質はカゼインで、消化や吸収が遅いので長時間アミノ酸をレベルを高い水準に維持できます。その中でもカッテージチーズは脂肪分が少ないので、寝る前に食べても脂肪になりにくいです。

筋肉が大切な理由

人間の身体には骨、肉、筋肉、内蔵というように様々な組織が備わっており、その全てがそれぞれの働きをして健康を守っています。
どれが欠けても問題であり、身体に何らかの不調をもたらしますが、この中でも忘れられがちなのが筋肉です。
さほど重要なものではないと思っている人もいるかもしれません。
しかし身体には熱が必要でそのほとんどを担っているのが筋肉であり、機能が低下すると体温が下がって組織全体に悪影響を与えます。
さらに血液を身体全体に巡らせるためのポンプの働きも持っており、栄養を摂取して血液と共にそれを細胞に吸収させるためにも必要となります。
筋肉を効率よくつけるにはトレーニングが最も有効ですが、トレーニングをする上でも注意すべき点があります。
それはトレーニング後の食事と休ませるためのストレッチです。
まず組織を作るタンパク質ですが、これがなければ筋力も向上しません。
肉や魚をトレーニング後30分以内に摂取するとより高い効果が期待出来ますから積極的に摂取しましょう。
さらに筋肉も使うだけでは凝り固まってしまいますから、しっかりマッサージやストレッチをして筋を伸ばし、しなやかさを保つ事も忘れないようにしましょう。

Favorite

PCB廃棄物処理
探偵 神戸

2018/11/14 更新

 

 

Copyright (C) 2015 Muscle Guide. All Rights Reserved.